31歳女性が結婚を焦り始める理由とは?おすすめの婚活方法も紹介します

31歳女性が結婚を焦り始める理由とは?おすすめの婚活方法も紹介します

記事内に広告を含む場合があります

31歳になって結婚を焦り始める女性は少なくありません。

30代に突入してから環境や気持ちに様々な変化が起こり、「そろそろ私も結婚しなければ」と思うこともあるでしょう。

しかし引く手あまただった20代の頃とは状況が違い、自分の年齢ではどのような婚活をしたらいいかわからないという女性もいるのでは?

そこで本記事では31歳女性が結婚を焦り始める理由を掘り下げるとともに、おすすめの婚活方法や婚活を成功させるポイントまで徹底的に解説します。

31歳女性が結婚を焦り始める理由

31歳女性が結婚を焦り始めるには、いったいどのような理由があるのでしょうか。

代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

出会いの場に呼ばれなくなった

20代の頃は周りの友人も出会いを求めていて、合コンや飲み会に呼ばれたり、友人同士で街コンに参加したりする機会も多かったでしょう。

しかし30代になると、一緒に出会いを探していた友人たちもすでに結婚していることが多く、出会いの場に誘われることが減ってしまいます。

また仕事や趣味などで忙しい毎日を送っていると、周りの人から誘いづらいと思われてしまうことも。

そのため出会いのチャンスがなくなり、急に焦りを感じるようになります。

周りの友人がみな結婚している

一般的に、初めての結婚ラッシュは25歳前後で、「第一次結婚ラッシュ」と呼ばれています。

これは大学を卒業し、就職して数年たって安定している時期に結婚を考える人が多い時期であるためです。

第一次結婚ラッシュを過ぎると、30歳までに結婚したいと考える女性が多いことから、28歳~29歳頃が結婚の第二次ラッシュと呼ばれています。

共に独身時代を過ごしていた友人たちが30歳を目前にして次々と結婚していくのを見ていると、自分だけが取り残されたような気がして焦ることもあるでしょう。

また、先に結婚した友人から「結婚生活って楽しいよ」「あなたも早く素敵な人を見つけて幸せになってね」などと幸せアピールをされるのも焦る原因になります。

安全に出産できるタイムリミットが迫っている

一般的に、女性の妊娠適齢期は25歳~35歳といわれていますが、年齢を重ねるごとに妊娠・出産にともなうリスクが高くなります。

日本では安全に出産できる年齢は34歳までとされており、35歳以上で初めての出産を迎えることはリスクが高いことから、高齢出産と定義されています。

現代の医学では35歳以上でも安全に出産できますが、高齢出産と言われる前に出産したいと考えている女性は多いでしょう。

31歳の現段階から婚活をして結婚し、さらに妊娠・出産をすることまで考えると、早く結婚をしなければ35歳までに出産できない、と焦ってしまうのです。

また先に結婚・出産を経験した友人たちに「体力的にも、子どもを産むなら早い方がいい」と言われて焦るパターンもあります。

両親からのプレッシャーがある

両親から「いい人はいないの」「早く孫の顔が見たい」とプレッシャーをかけられて焦ってしまうこともあります。

特に兄弟がいない場合は、より両親からのプレッシャーを強く感じるのではないでしょうか。

「〇〇ちゃん、結婚したんだって」と地元の同級生が結婚をしたというニュースを親の口から聞かされることも少なくありません。

両親にしてみれば、自分の子どもが結婚をして幸せになるのを見届けたい、いつまでも遊んでいないで早く落ち着いて欲しい、という気持ちなのでしょう。

しかし31歳になると急にお見合いの話をされたり、恋人の有無を聞かれたりするのが嫌で、両親とあまり連絡を取り合っていない女性も多いといいます。

31歳女性におすすめの婚活方法

婚活をする方法はいくつもありますが、31歳からの婚活は自分に合った方法を選ぶことが大切です。

31歳からの婚活におすすめの方法を2つご紹介しましょう。

婚活アプリ

仕事や趣味などで忙しい毎日を送っている人におすすめなのが、婚活アプリです。

アプリを利用すれば通勤中や就寝前などのスキマ時間に相手を探し、メッセージを送ることができます。

また最近では婚活アプリを利用する人が増えているため、出会いの数も多いでしょう。

さらにアプリのプロフィール検索で年齢や居住地、年収、スタイルなど自分の希望する条件を絞り込めるため、理想に近い人を簡単に探すことができます。

マッチングアプリには女性完全無料のアプリがほとんどですが、婚活アプリには男女ともに有料のアプリが多めです。

その分恋活マッチングアプリより結婚への真剣度が高く、成婚に繋がる出会いも期待できます。

結婚相談所

確実に結婚まで進みたい人には、結婚相談所がおすすめです。

結婚相談所には結婚への積極的な意思がある人のみが登録しているため、出会ってから結婚前提の交際までスムーズに進みやすいでしょう。

また結婚相談所で婚活をしている男性は独身証明書や収入証明書を提出しており、身元が保証されているので安心して交際できます。

さらに結婚相談所にはプロの婚活アドバイザーがいるので、婚活の悩み相談からマッチングのサポートまで安心して任せることができます。

他の婚活方法に比べると料金はお高めですが、結婚までのスピードを考えればコスパが良い婚活方法であるといえるでしょう。

31歳女性が婚活を成功させるポイント

31歳の女性が婚活をするうえで、「なかなかうまくいかない」と壁につき当たる時もあるでしょう。

そこでここからは、31歳の女性が婚活を成功させるために押さえておきたいポイントをご紹介します。

積極的に行動する

20代の頃は合コンに誘われたり、友人の紹介があったりと、自分から行動しなくても出会いの機会が多かったでしょう。

しかし30代になると周りに既婚者が増えることもあり、そういった機会が減っていきます。

31歳からの婚活は誰かの誘いを待つことなく、自分から積極的に出会いを探すことが必要です。

素敵な人と出会ったものの、相手に結婚願望がなかったという事態を防ぐため、婚活アプリや結婚相談所など、確実に結婚願望のある人と出会えるツールを選ぶと良いでしょう。

高望みしすぎない

婚活を始める際に、「理想の男性と出会いたい」と思うのは当然のことです。

しかしその理想が高すぎると、出会える異性の数が限られてしまいます。

婚活がうまくいかない時は条件を見直し、自分が譲れない条件と妥協できる条件を決めましょう。

あまり条件で絞り込みすぎずに、幅広いタイプの異性を探すと、意外な出会いに恵まれる可能性がアップします。

また冷静に自分のスペックを判断し、高望みせずに自分と釣り合う異性を探すことも大切です。

結婚を焦りすぎない

婚活をしている31歳女性の中には、「一刻も早く結婚したい」と焦りを感じている人も多いのではないでしょうか。

しかし、ただ結婚すればゴールというわけではなく、結婚をした相手とはその先の長い人生を共に過ごしていくということを忘れてはいけません。

焦って結婚をしたために、結婚をしてから価値観や子どもに対する考え方が違うと気づくケースもあります。

さらに、あまりに結婚を焦ってガツガツしていると「品がない」「結婚できれば誰でも良いのか」と思われやすいので注意しましょう。

まとめ

晩婚化が進んでいる昨今では、女性の平均結婚年齢は29歳です。

31歳からの婚活は、決して遅くはありません。

婚活を成功させるためには、まず自分に合った婚活方法を選ぶことと、焦りすぎないことが大切です。

自分に合った婚活方法や相手を探し、じっくりと見極めながら婚活をすれば、理想の相手と幸せな結婚をすることも決して夢ではないのです。